FC2ブログ

やきもの談義

金沢・陶芸工房 北陶 飯田雪峰のブログです。

2011年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

新年に思うこと

新年に入って早くも10日目。
新年あけましておめでとうございます。

昨年は、ブログを再開したにもかかわらず、忙しさを理由に更新せずにおりました。
新年挨拶に伺った先で、チクリとブログの事を言われ反省。
週1は無理でも、昨年の様な事が無いようにと思っています。

今回は教室関係の事を書きたいと思います。
昨年は北陶の会員の方々も、展覧会、公募展出品された方。家庭やいろんなシーンで活躍する作品を作陶された方。陶芸技術習得のため日々作陶された方等々。それぞれの思いで、北陶の工房で作陶されたと思います。

北陶は、会員さんばかりでなく、ビジターで来訪され作陶される方や、昨年11月下旬には都立工芸高校の生徒さん28名が当工房で、茶碗制作され、年末に焼き上がった茶碗を学校へお送りしました。
その一碗一碗に私なりの思いをメッセージとして書いて付けて送らせて頂きました。冬休みもそろそろ終わりひとりひとりの手に茶碗達が届く頃だと思います。

童夢アートスクールの市民芸術村での発表会。すてきでした。陶芸部門いつも北陶でお手伝いさせて頂きありがとうございます。
小坂公民館の皆さん、お正月は器達活躍しましたか?
その他にもたくさんの特別教室の方たちに作陶の場を提供できたこと感謝します。

昨年一年間北陶の窯で生まれた作品達は、県内はもちろん日本国内をはじめ、国際交流等で海外から金沢へ勉強に来ている学生さん達が作った作品は、いろんな国へ持ち帰られていると思うと本当にうれしくいい仕事だなと思います。

今年も北陶で制作し、同じ窯で隣同士で焼いた作品達がそれぞれの活躍の場へ飛び立っていくお手伝いのできる工房でありたいと思っています。
スポンサーサイト

| 未分類 | 09:36 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。