やきもの談義

金沢・陶芸工房 北陶 飯田雪峰のブログです。

2011年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年05月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

陶器の温かさ

 今頃になると、春の温もりと共に、心の温もりや故郷の温もりを
感じ、素朴な料理が似合う陶器ってどんな器かな・・・・。

 なかなか答えがうかばないが、答えは自分の手のひらの中にあり、
手が感じるものを信じる事。

 又、土って不思議なものだが、土から生まれた器を作る事が大好き
なのに、それを言葉にする事のむずかしさ。

 でも、自分が心動かせた器は、自分に何かを語りかけてくれる。

 そんな器(鉢)に竹の子の煮物を。
スポンサーサイト

| やきもののこと | 11:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。